ストレスを抱えてしまう原因

ケアマネの正式名称は介護支援専門員といい、要介護者と介護保険サービスを繋ぐ役割をしています。その仕事内容は多様に渡り、まとめきれない程です。主な仕事としては、要介護者とその家族の介護相談・ケアプランの作成・要介護認定の書類作成などがあります。
自分の知識と経験を活かすことで、要介護者とその家族の生活が楽になる様子が直に分かるケアマネは、非常にやりがいのある仕事です。しかし、その一方でストレスがたまることも多く、中にはうつになる人までいます。ストレスの理由としてはいくつかありますが、まずは自分が作成したプラン通りにいかないケースが多いことです。現実問題、介護の現場は人手不足の中毎日必死で介護にあたっているので、手間がかかる作業や今以上のコストは嫌煙されがちになってしまいます。
そして、要介護者やその家族にも多様な人がおり、誰とでもスムーズに話がすすむというわけではありません。時には、良かれと思ったことで憤慨される場合もあるのです。基本的には丁寧に優しく接していれば問題ないですが、こういったことが続くと、自分の存在意義や仕事のやりがいについて考えてしまう人がでてきます。さらに、本来のケアマネの仕事である要介護者と介護保険サービスを繋ぐ仕事以外に、一見仕事外に見える細かい仕事を頼まれることも多いようです。そのため、どこまでが本体の仕事なのか分からなくなってしまう時も多々あります。
どの問題も強く出ており、要介護者やその家族の感情を悪化させないよう、我慢してしまう人もいるのです。あまり我慢しすぎず、周りに相談して協力を仰ぐのも大切でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です