ケアマネは責任が重い仕事

ケアマネは、正式名称を「介護支援専門員」といいます。ケアを必要とする人の相談に乗り、最適なケアが受けられるように総合的な立場でコーディネートやマネジメントをしていくのが主な仕事です。ケアマネは、社会保険制度を推進していく中で重要な立場となっています。介護が必要な人やその家族と、介護サービスを提供している施設や業者を繋いでいく、介護の橋渡し的な存在となっています。
それだけに責任が重くなっており、ストレスのかかり具合もかなり非常に深刻なものです。単純にコーディネートするだけでなく、時には苦情やトラブルの対応・解決などに乗り出さなければいけません。人にはそれぞれ相性といったものがあるので、単純に仕事の内容だけで選ぶこともできず、想像以上に精神的に辛くなる場合があります。それゆえ、ストレスも大きくかかってしまい、それと上手に付き合い解消することが重要になってくるのです。しかし、仕事柄常に連絡がつくようにしておかなければいけない面もあり、責任感が強い人ほど追い込まれてしまう傾向にあります。
介護というのは、綺麗ごとでは済まないものです。介護を必要とする人・介護する人の板挟みとなり、大変な思いをしてしまうことが多々あります。そのため、時にはしっかりとストレスを解消すること・自分の好きなことを思いっきり楽しむことで、日常と仕事のメリハリをつけましょう。そうすることが自分自身を追い詰めないために必要となってくるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です