優しさがあるからこそ

ケアマネの仕事の内容というのは、人に対する冷たさと温かさをバランス良く両方備えていなければなりません。人に対する温かさというのは、最重要な内容の一つと思われがちです。しかし、その温かさが自分に対して、うつを引き起こしてしまう原因に繋がってしまうこともあります。
例えば、要介護者に対して温かい思いを持ち積極的に接していると、その人が亡くなった時にとてつもない悲しみに襲われてしまう可能性は高いです。この苦しみを2度と味わいたくないという思いから、同じような刺激を避けたい思いと避けてはいけない思いとの間に置かれ、ストレスを抱えてしまいます。ケアマネの仕事の内容を、機械的な内容として処理すれば介護を支援する人の心にもそのように映ってしまい、人としての信頼を失ってしまうことになりかねません。
基本的に、ケアマネの仕事に就く人は、心に優しさを持ち合わせています。そのため、どちらかといえば優しさが原因のストレスを引き起こしやすいといえるでしょう。このような症状を引き起こしている場合は、考え方を少し変えることが必要です。例えば、天国やあの世から自分自身が派遣をされていると考え、人生を有意義な内容として旅立ってもらうための役割を使命として荷着なっていると思えば、ストレスが和らぐこともあります。
日本語は、「人が亡くなる」という言葉と「物がなくなる」という言葉の「なくなる」が同音異義であるため、人が亡くなると物がなくなったような思いを抱きやすくなってしまうのです。幸せな思いで天国やあの世へ魂を引き渡すという信念を持つの大切といえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です